ちー子が床屋へ行きました^^;

開店後、あっという間の2か月間でした。

心にゆとりがなく、ブログを更新しておりませんでしたが・・・ご容赦ください。

さて、たくさんのご迷惑をおかけしたと存じますが、私たち老夫婦が切り盛りするカフェに多くのお客様においでいただき心から感謝申し上げます。

 

地元のケーブルテレビにも取材をいただき先月27日から放映されておりますが、番組をご覧になったといろいろな世代のお客様にご来店いただきました。

これからも、皆様に愛されるカフェを目指して努力したいと思います。ありがとうございます。

 

ところでうちのちー子なのですが・・・・。

臆病で普段は全然姿を見せることはないのですが、店舗へ姿を見せるようになってきました。

少しお客様に慣れたのでしょうか、カメラ目線でポーズまで取るように・・・・・・おいおい。

今は午前中は寝ていることが多く、午後2時半くらいからでしょうか。不思議と店舗に姿を見せるようになりました。

 

実は今日(11月1日)、彼女は床屋へ行きました。

「ちー子のSTORY」でもお知らせしておりますが、全身ほぼ灰色。シャムネコもびっくりです。

そして、なんと四肢としっぽの先を黒く残したライオンカット!

全く別な猫に変身です。あっはっは

どうぞ変身したちー子に会いにご来店くださいね^^ 


一週間を終えました

早いもので、もう開店して一週間が過ぎました。

一週間前と言えば開店の日。翌二日目(土曜日)には、たくさんのお客様がお昼をピークにご来店くださって、パニック状態でたくさんのミスを連発した土曜日です。

ああ・・・若干のトラウマ。

 

でも、一週間営業してみていろいろ学びました。手順や注文のノウハウもわかってきました。

今日ご来店くださったお客様もランチをご注文でしたが、慌てることなく無事にご対応させていただきました。

今日から薬膳食材を使った食前酒(ノンアルコール)を始めたのですが、これがなかなか好評で、お喜びいただけているみたいです。

 

さあ、明日は問題の土曜日。お昼の時間帯に、ランチだけでなくいろいろなご注文をいただくと思います。気合いれていこっ!!!!!


初めての休日

開店して初めての定休日です。

早起きな私が、今日はなんと朝8時に目が覚めてしまいました。

やっぱり緊張しながら慣れない仕事をするって、疲れることなんだよな・・・と思いながら、休みの一日を迎えました。

「休みの日は好きなことをするぞ~」と息巻いてはいたものの、いざ休みになってみると、考えることは店のことばかり。

「食材の買い出し行かなきゃ・・・いや日持ちを考えると明日も休みだから明日でいいか。店舗の掃除状態はどうかな・・・」などなど、頭の中は全く休みじゃありません。

しまいには、「今日は営業してもよかったなぁ。」

 

昨日も開店と同時に来てくださったお客様がいらっしゃって、ランチを召し上がった後、「おいしかったです。友達とまた来ます。ごちそうさま」と声をかけてくださった。

やっぱり休みでも仕事が気にかかるってのっは、この仕事に楽しさや喜びを感じているからなのだと思います。

 

今日と明日、しっかりと体を休めてあさってからまた頑張るぞ~^^


台風・・・

開店して4日目・・・。今日は台風が函館を直撃です。

函館市ってこれまで台風直撃は少なく、各地でみられるような大規模災害はないのですが、珍しく直撃。

どうなるかとはらはらしたけれど、それほどでもなかった。

この台風で被災された地域の皆様には、心からお見舞い申し上げます。

 

お客様は出足が少なくて、残念ながら今日はお客さんはいらっしゃらなかったです;;

こんな日もあるよな・・・そうだよなぁ・・・こんなカフェに台風の大雨と突風を押してでも来てくださるようなお客様なんていらっしゃるはずないよなぁ。

しょうがないので、気持ちを切り替えて、食材が切れてきた人気商品のフレンチトーストやランチの食材を今のうちに買い出しに出かけてきました。

 

買い物をしながら、普段の買い物をしているような自分に気が付き、いつもの生活をしたような・・・そんな気がしました。

 

でも、でも!

・・・・なんだろう。自分で料理をしてお客様に喜んでいただく。これって、本当に当たり前のことなんだけど、不思議な充実感があるね。頑張れば頑張った分評価される。そういう世界って自分にとって魅力だな。

 

さあ、また明日からがんばるぞー


開店3日目

開店してから3日目を終わりました。

なんだかもう1週間が過ぎたような、長い時間を過ごしたような気がします。

 

実は2日目の昨日はたくさんのお客様においでいただいて、うれしい悲鳴・・・悲鳴どころか絶叫?・・・・自分たちの力のなさに落ち込んでしまいました。

天手古舞の中だったため、せっかくお子様と一緒にピザを食べに来てくださったお客様に希望に合ったお飲み物を用意できなかったり・・・(コーヒーとか紅茶じゃなく、ジュースとかをご用意してあげられればよかった。)

一度にたくさんの注文をいただいてパニクってしまい、注文の順番を取り違えたり・・・。

 

ああ・・・思い出すときりがないくらいの後悔。

もしももう一度その方々においでいただけるなら、しっかりとお詫びとサービスをさせていただくのだけどなあ・・・・・

 

今日、3日目は台風が接近していることもあり、風が強かったため破壊されないよう安全を配慮して吊り下げ式の看板を取り外しました。傍から見たら「3日目にして開店休業??」と思われたかもしれません。

でも、あの時こうしていれば…っていう「たられば」は嫌なので、早め早めの対応。

 

看板はない。風は強い。注文がたくさん来るとパニくる店なんて、三連休の中日にどなたも来店してくださるはずないですよね^^;

でもそんな中で、「友達とフレンチトースト食べに来ましたー^^」と言って、来店くださるお客様がお二人いらっしゃいました。私が焼いたフレンチトーストをべた褒めしてくださって、

うれしかったです。

 

お客様が注文してくださった商品を、一つ一つ丁寧に作り上げてご提供させていただく。

これは当たり前なことだけど、お店で働く私たちは、絶対に大切にしなければならないことだ。

そんな風に見識をあらたかにさせてくださる大切な経験でした


開店しました!!

9月15日午前11時、Café谷地坂無事に開店いたしました。

開店とほぼ同時においでいただいたお客様をはじめ、グループでお越しの皆様、Café好きの奥様と、多くのお客様にご来店をいただきました。「ド」がつく大素人ですが、「おいしかった」との身に余るお言葉をたくさん頂戴し、誠にありがとうございました。また、不手際も多く、大変ご迷惑をおかけしました。

また、開店に際し、たくさんのお祝いやお花をいただきました。皆様、本当にありがとうございました。

 

ところで初日の人気メニューは、コーヒー紅茶以外の飲み物では、カプチーノが人気でした。軽食では、お昼時であったこともあり、当然谷地坂ランチが堂々の第1位。第2位はフレンチトーストでした。

ピザ好きの私としては、ピザの上位入賞を期待していたので少々残念です・・・・。

どうぞピザもご贔屓に!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

P.S.

追伸ってこともないですが、今日のちー子について書き忘れました。

今日のちー子は、営業時間中は全然姿を見せませんでした。

 

ちー子は朝ご飯を食べた後、店舗の片隅で丸まって気ぜわしく働いている私たちをじっと見つめていましたが、やがてどこかへいなくなっていました。

どこへ行ったか探してみると、やっぱりいつもの場所で寝ていました。

私たちが忙しそうにしているのを見て、また来客があることを察知したのでしょうか。

・・・でもこれからずっとこうなんだから、たまには顔を見せてほしい飼い主です。

 

今は営業時間が終わったので、ソファに座ってグラチャンバレーを見ている私の膝上ですやすや寝ています。

今までとは少し違うんだと、猫なりにわかってくれているんですね。


秋めいてきたので・・・

北海道はすでに涼しい風が吹いています。気温25度になる日はもうほとんどありません。

空には入道雲が、巻雲に追いやられてずっと遠くの空に浮かんでいます。

 

今日はバジルの葉をほとんど刈り取って、ジェノベーゼソースを作りました。

出来栄えは結構いい感じ。半分は冷凍し半分はピザなどに利用します。

 

バジルは生命力が強いので、茎だけになっても水に差しておけば根を張ってきます。

暖かければ、それから葉がまた出てきます。

一つ心配なのは、室内に置いても北海道の冬を超えられるかなあ・・・ということ。

どなたかバジルの越冬について、お詳しい方おられませんか?


親しい方々にホームページ開設のお知らせをしました。

たくさんの方々から激励やお返事をいただき、心から感謝申し上げます。

 

「これでまたハードルが上がった・・・」と、オーナーはびびって(?)おりましたが、それでも意欲満々な様子です。

 

ちー子は相変わらず、食っちゃ寝の毎日を過ごしています。

・・・ああ、ネコはお気楽でいいなぁ。


はじめまして。

Café谷地坂は9月15日にオープンします。

お店を出すことは、オーナーの長年の夢でした。

 

でも・・・何しろお店を出すのは初めてのことなので、準備が大変。

オープンの日に間に合わせるべく、大わらわで日々頑張っています。

 

このホームページのトップに出てくる写真は、すべて当店で写したものばかり。

函館の美しい景色やユーモラスなちー子の表情をお楽しみいただければ幸いです。